住宅ローン信用保証会社の役割について理解しておきましょう

任意売却推進センター 株式会社ライビックス住販

0120-316-874 受付時間9:00~19:00 土日祝も対応

住宅ローン信用保証について

トップ > 住宅ローン信用保証について

住宅ローン信用保証会社について

あなたが民間金融機関から住宅ローンを借りたとき、金融機関との間で「金銭消費貸借契約」
(住宅ローンを借りる契約)と同時に、たいていの場合は指定された保証会社との間で「保証業務委託契約」を
結んでいるはずです。
しかし、住宅を購入したときの書類が数多いために、よく覚えていないという方も多いことでしょう。
契約時に保証会社へ事務取扱手数料を支払っているだけでなく、保証料は契約時に前払い、
もしくは毎月の返済額に上乗せされています。

これはある意味で、金融機関が損をしないための保険であり、あなたが住宅ローンを返済できなくなったときに、
あなたに代わって信用保証会社が、残っている借入額のすべてを金融機関に支払います。
これを「代位弁済」といいますが、それによってあなたの債務が消えるわけではありません。
あなたに対して支払いを求める権利(債権)が、金融機関から信用保証会社へ移るだけです。

任意売却の交渉は「代位弁済」が実行された後となるため、その交渉相手はそれぞれの信用保証会社または
保証会社から委託を受けた債権回収会社となります。
この住宅ローン信用保証会社制度、あるいは代位弁済の前に届く「催告書」「督促状」「期限の利益の喪失」
などの意味についてよく理解しておくことが大切です。
それが分からないままで弁護士や法律事務所などに相談をすると、勧められるままに「自己破産」の選択を
することにもなりかねません。

「期限の利益の喪失通知」や「代位弁済通知」などの通知は、保証業務委託契約に基づき、あなたに代わって
住宅ローンの残債務を住宅ローン信用保証会社から金融機関へ支払った(代位弁済した)というものなのです。
ただし、この場合の信用保証会社はあまり聞き慣れない名前のことが少なくありません。
知らない会社からの通知だからといって放置していれば、その後の任意売却などに時間的な余裕が
なくなってしまいます。

【主な住宅ローン信用保証会社と銀行の関係】

信用保証会社 都市銀行名 以前の主な銀行名(平成元年以降)
みずほ信用保証 みずほ 第一勧業、富士、日本興業、みずほコーポレート
ダイヤモンド信用保証
三菱UFJ住宅ローン保証
三菱東京UFJ 三菱、東京、東京三菱、三和、東海、UFJ
SMBC信用保証 三井住友 三井、太陽神戸、住友、太陽神戸三井、さくら、太平洋、わかしお
りそな保証 りそな、埼玉りそな 協和、埼玉、協和埼玉、あさひ、大和、なみはや
横浜信用保証 横浜  

信用保証会社から代位弁済の通知を受け取ってからは、もう今までどおりの分割払いはできません。
家を手放すことなくそのまま住み続けたいという場合には、親子間売買や身内間売買で買い戻すことになります。
そのような身内がおらず資金もないというときには、任意売却をお勧めします。

何もしないで放置していれば、最終的には競売によって強制的に処分されることになります。
信用保証会社から催告書、督促状、期限の利益の喪失通知、代位弁済通知、競売通知などが届いたら、
迷わずご連絡ください。

少しでも早いご相談が、より良い解決への近道です。
早めにご相談いただくことによって、任意売却以外の解決方法が見つかる場合もあります。ご相談は無料です。

それぞれの信用保証会社について、詳しくはこちらをご参照ください。
>> みずほ信用保証
>> ダイヤモンド信用保証・三菱UFJ住宅ローン保証
>> SMBC信用保証
>> りそな保証
>> 横浜信用保証

▲ページのTOPに戻る

住宅金融支援機構について債権回収会社について
メールでのお問合せはこちら