親子間・親族間での売買も可能です

任意売却推進センター 株式会社ライビックス住販

0120-316-874 受付時間9:00~19:00 土日祝も対応

親子・親族間での買い戻し

トップ > 親子・親族間での買い戻し

親子間、親族間などでも任意売買ができる?

マイホームを手放したくない! そのまま住み続けたい!
親子間・親族間などで買い戻しをするには?

  • 住宅ローン破綻してしまった親の
    不動産を、息子の自分が買いたい!
  • 競売にかかってしまった兄夫婦の住宅を
    何とか買ってあげたい!
  • 失業してしまった弟のマンションを
    買い取りたい!
  • 収入減で困っている妹夫婦が自宅に
    住み続けられるようにしてあげたい!
イメージ写真

そのままでは競売になってしまう不動産を、親子、兄弟姉妹、親族など身内で買い取りたい、買い戻したいという
ニーズは多いものの、ほとんどの金融機関ではそのような場合に住宅ローンを融資してくれないため、一般的には
購入金額のすべてを現金で用意しなければなりません。

しかし、住宅ローンを新たに借りなければならない場合でも、親子間、親族間などにおける任意売買は可能です。
ごくわずかですが、このようなケースで住宅ローンの融資が受けられる金融機関はあります。
金利はやや高めになってしまいますが、購入者(申込者)の属性(年収、勤続年数、勤務先、年齢など)に問題が
なければ、住宅ローンを組むのに支障はありません。

詳しくは当社までお問い合わせください。
当社にお任せいただければ、任意売買の手続きから、融資のご紹介、借り入れまで一貫してお手伝いをさせて
いただきます。

なお、当社は住宅ローンのあっせん会社ではありませんから、「住宅ローンの紹介だけ」というご依頼は
お引き受けすることができません。
他社で取り扱った任意売買物件に対する融資付けのみの業務もできませんので、あらかじめご了承ください。

▲ページのTOPに戻る

第三者の協力があれば、買い戻しができるケースも!

親子間、親族間などにおける直接の売買が難しい場合でも、第三者の協力があれば、
買い戻しができるケースもあります。

いったん第三者(金融機関から身内とみなされない者)の名義にしたうえで、後から身内の方(当初の目的の方)が買戻す方法です。
こうすれば身内の方でも、一般の金融機関から問題なく住宅ローンを借りることができます。

ただし、その第三者が十分に資金を持っているか、住宅ローンの融資を受けられる状態でなければなりません。
もちろん、買い戻しをする身内の方が確実に住宅ローンを借りられる要件を備えていなければ、その第三者に
思わぬ迷惑をかけることにもなりかねません。

また、2度の売買をすることで、登記費用などの負担もそれなりに多くなりますから、取引に精通した者の
的確なアドバイスを受けることも必要です。

当社にお問い合わせのうえ、あなたの状況をお聞かせいただければ、どうするのが最善なのかを十分に検討して
ご提案いたします。

▲ページのTOPに戻る

債権回収会社について
(前へ)

メールでのお問合せはこちら