競売開始決定通知が届いたら、あなたに残された時間はわずかです

任意売却推進センター 株式会社ライビックス住販

0120-316-874 受付時間9:00~19:00 土日祝も対応

競売開始決定通知が届いた

トップ > 競売開始決定通知が届いたら…

裁判所から「担保不動産競売開始決定」の通知が届いたら…

あなたが住宅ローンの延滞を解消できないまま、任意売却に向けた行動も起こさないでいると、該当不動産の地域を
管轄する地方裁判所からの特別送達で「担保不動産競売開始決定」と書かれた通知書が届きます。

これは債権者(金融機関または保証会社)
からの競売申し立てに基づき、裁判所が
「競売の手続きを開始するとともに不動産の
差し押さえをした」という通知であり、
差し押さえの事実は不動産の登記記録に残され、
第三者にもそれが分かるようになります。

この通知が届く頃から、見るからにそれと
分かるような競売業者が十数人、多いときには
50人以上も押しかけてきます。
隣近所にもあなたの家が競売になったことが
知れ渡り、あなたや家族は嫌な思いを
することになります。

この通知を受けてから1~2か月ほど経つと
裁判所執行官による現況調査が行われます。

これは法律に基づく強制的なもので、あなたが
協力しなければ裁判所の権限で専門業者に
よって解錠されたうえ、勝手に中に入って
調査が進められます。

それからしばらく経つと、裁判所から今度は
期間入札の通知」が届きます。
これは競売の入札期間、開札期日、
売却決定期日などを定めたもので、
そこに書かれたスケジュールに従い、競売の
手続きがどんどんと進んでいってしまいます。
この間もダイレクトメールが頻繁に届いたり、
競売業者の怪しいインターホンが鳴り続けます。

担保不動産競売開始決定通知の例

【担保不動産競売開始決定通知の例】

悪質な業者を追い払う裏ワザ

期限入札の通知の例

【期限入札の通知の例】

▲ページのTOPに戻る

競売開始決定通知を受けてからでも任意売却は可能です!

あなたが競売開始決定通知を受けてからでも
大丈夫です。まだ間に合います。

私たちが債権者(金融機関または保証会社)との
間を取り持つことによって競売の申し立てを
取り下げてもらい、任意売却に切り替える
ことが可能
です。

日程的な問題などによって取り下げができない
場合でも、競売と同時進行で任意売却に向けた
活動をすることができます。

イメージ写真

ただし、残された時間はそれほど多くありません。理論上では、開札期日の前日まで競売の取り下げは可能ですが、
ほんの数日間で買主を探したうえで、債権者が納得する価格による売買契約を終わらせることは極めて困難です。
現実的には「期間入札の通知」を受ける頃が任意売却のタイムリミットでしょう。

しかし、任意売却成功の可能性を高めたいのであれば、競売開始決定通知を受け取った時点で躊躇するべきでは
ありません。

速やかに行動を起こしてください。

この段階になれば、任意売却と競売の時間の競争です。
あなたの少しでも早い決断が任意売却の成否を左右します。
ずるずると時間を無駄に費やすことによって、競売という最悪の結果を招くことは避けるべきです。

▲ページのTOPに戻る

期限の利益の喪失通知が届いた
(前へ)

住宅金融支援機構について
(次へ)

メールでのお問合せはこちら