滞納税の処分による差押

「国税徴収法」や「地方税法」の規定では

税の公平を保つため税金の滞納が続いたら

地方税法331条により所有財産の差押をしなければならない・・・

となっています。

つまり、税の滞納が続くと滞納税処分による

「差押をしなければならない」

のです。

実は先日も任意売却の出張先の三重県津市の取引でも

決済日の朝に差押がついていることが発覚し

どたばたと差押解除に走り回らなければなりませんでした。

任意売却の決済では滞納税処分による差押については

十分に注意を払って進めなければ大変なことになります。

スタッフSのブログ

This entry was posted in 差押え and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>