「滞納税処分による差押」

所得税・固定資産税・都市計画税・国民健康保険税・市県民税・区民税・消費税などの

税金を長期間滞納してしまうと「滞納税処分による差押」がされてしまいます。

任意売却をしようとしてもこの差押がネックとなり、

競売での処理になってしまうこともあります。

しかしながら、

ほとんどの地方自治体は

国税徴収法79上位1項2号「無益な差押の解除」(地方税法373条7項)により

債務所の事情を考慮して、一部金の税金納付により差押解除に応じています。

つまり、

「滞納税処分による差押」がついているからと

任意売却を諦める事はないのです。

任意売却推進センターでは「滞納税処分による差押」がある任意売却でも

積極的に相談に応じています。

スタッフSのブログ

This entry was posted in 任意売却 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>