「どうして銀行は損をしてまで任意売却に応じるのですか?」

任意売却の質問でよくある質問です。

「どうして銀行は損をしてまで任意売却に応じるのですか?」

この質問はほんとうは間違っています。

実は銀行は任意売却により貸付金を全額回収できなくても

損をしないようになっているのです。

その仕組みは「住宅ローン信用保証」です。

皆さんは住宅ローンを借りるとき

連帯保証人や保証人を立てた記憶はないと思います。

その代わり住宅ローン信用保証会社に

保証人になってもらっているはずです。

つまり、

住宅ローン破綻して返済が出来なくなると

住宅ローン信用保証から住宅ローン借入者に代わり

銀行へ全額一括で支払われるのです。

ですから銀行は損をしないのです。

住宅ローン信用保証の仕組みについて

スタッフSがわかりやすく解説しています。

スタッフSのブログ

This entry was posted in 保証人 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>