任意売却と自己破産

任意売却すると

「自己破産しなければならない」

と勘違いされている方がいますが、

これは大きな間違いです。

任意売却も自己破産もそれぞれ借金解決の一つの方法なのです。

通常は任意売却すると残債務が残り、

この残債務は自動的に消えてなくなることはありません。

当然に支払っていかなければなりません。

しかしながら、

債権者は債務者の経済状況はよくわかっていますので

無理な取りたてはせず、

5,000円や10,000円などの少額返済に応じてくれますし、

失業していたら再就職できるまで返済を猶予してくれるのです。

しかし、

この残債務が1000万円を超えるような高額ですと

一生かかっても支払いきれません。

そのような状態の時は、

自己破産をして残債務を帳消しにして

人生の再出発をはかるのも一つの選択ではあります。

スタッフSのブログ

This entry was posted in 任意売却, 自己破産. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>