払えないことは罪ではない!

物を買って代金を踏み倒せば犯罪です。

借りた物を「返せるのに、わざと返さない」のもやはり罪でしょう。

しかし、住宅ローンを支払いたくても、仕方のない事情で支払えない」ことは決して罪ではありません。

「罪悪感をもちながら」任意売却をする必要などまったくないのです。

堂々と任意売却をすれば良いでしょう。

その理由をスタッフのSが解説しています。

スタッフSのブログ

債権者に対して悪いのは、任意売却を選択することなく、競売で処分される道を自ら進んだときです。

住宅ローンを支払えなくなって罪の意識を持つ必要はまったくないのですが、債権者に対して任意売却に応じるなどの誠意を見せることは大切です。

This entry was posted in 住宅ローン破綻・破産 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>