サービサーへの有担保債権譲渡はチャンス?

住宅ローンを支払えなくなった後におけるサービサー(債権回収会社)の関わり方はさまざまです。

多くの場合は、債権者から委託を受けて任意売却の窓口になったり、任意売却後に残った債務を信用保証会社から引き受けて、その回収にあたったりします。

しかし、一部のケースでは任意売却前の住宅ローン債権を担保付で、つまり物件ごとサービサーが買い取るケースもあります。

この場合は任意売却による代金をサービサー自体が受け取ることになりますが、この仕組みによって思わぬチャンスが生まれることもあるのです。

それがいったい何かについて説明をしていますので、ぜひご覧ください。

社長のブログ

残念ながら住宅金融支援機構や都市銀行などでは適用できませんが…。

This entry was posted in 債権回収会社 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>