住宅ローン問題解決の目的と手段

住宅ローンの支払いが難しくなり、何とか解決しようと辿り着いた任意売却。

買主が見つかって無事に契約を済ませ、引き渡しも終わってようやく一安心。

住宅ローン問題から解放されたと、祝杯を上げたいところですが、これですべてが終わりではありません。

任意売却後に残る債務の問題を解決して、そこでようやくゴールです。

住宅ローン問題解決の目的はこのゴールのテープを切ることであり、任意売却はあくまでもその手段です。

そのため、任意売却が終わってもそれはまだ途中経過でしかありません。

これを理解していないと、どうなるのかについて説明をしていますのでご覧ください。

社長のブログ

任意売却の取引が終わったら、それで業務は終わりとばかりに手を引いてしまう不動産業者では、住宅ローン問題解決のゴールへ辿り着けないこともあり得ます。

きちんとあなたのゴールを見届けるまで、しっかりとフォローする弊社にご相談ください。

This entry was posted in 任意売却 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>