保証人の協力が得られないとき

住宅ローンの借入れに対して保証人、連帯保証人がいるときは、少し面倒なことも起こりがちです。

任意売却をしようとするときには、保証人などの同意、承諾がないとなかなか前に進めないのです。

保証人などが妻だったり、同居する親だったりすれば、話は分かってくれるはずです。

ところが離れて暮らす親や兄弟姉妹、親戚などが保証人のときには、「住宅ローンの支払いに困っている」と話を切り出すだけでも大変でしょう。

ましてや、「任意売却後に残った債務の請求が保証人などのところへ行く場合もある」なんて話をすれば、「とんでもない!承知せんぞ」と怒り出しかねません。

そんな場合の対応について説明していますので、ぜひご覧ください。

社長のブログ

任意売却についての保証人などへの説明も弊社にお任せください。

This entry was posted in 保証人 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>