期限の利益の喪失予告が届いたら-任意売却の流れ3

「期限の利益の喪失予告」とは、返済が遅れている住宅ローンについて「◯年◯月◯日までに返済しなければ期限の利益を失いますよ」というものです。

この予告の段階であれば、指定された期限までに遅れている分を支払えば、今までどおりに分割返済を続けていくことができます。

しかし、その遅れている分を用意できたとしても、その後の返済の見通しが立っていないのなら、任意売却も視野に入れた対策を考える必要があるでしょう。

どうしても今の住宅を手放したくないのであれば、任意売却によって身内間で売買することなども検討しなければなりません。

This entry was posted in 任意売却の流れ and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>