協力業者による買い戻し(リースバック)

任意売却をするかどうかはともかくとして、住宅ローン破綻の相談で多いのは「そのまま住み続けたい」という希望をお持ちのケースです。

相談者の身内の協力による買い戻し(リースバック)は営利目的ではありませんから、後々トラブルになることはほとんどありませんし、仮に揉めても身内で解決することですから、私が間に入ることもないのですが…。

しかし、私が協力業者を紹介した場合の買い戻し(リースバック)で揉め事が起こったときは、そのようなわけにはいきませんから、しっかりと対応させていただきます。

 
そもそも、毎月の返済ができなくて住宅ローン破綻をしたわけですから、第三者的に見れば、また途中で支払えなくなる可能性は十分に考えられます。

そのため、協力業者に買い取ってもらって毎月の家賃を支払いながら、5年後くらいに買い戻すというのはよくあることです。

逆にいえば、毎月支払っていけるという根拠を示さなければ、協力業者を探すことは難しいでしょう。

 
それから、過去の相談事例で実際にあったのは、5年後に買い戻す約束で協力業者に任意売却で安く買い取ってもらったが、1年もしないうちに転売され、結局は自宅を失ってしまったというお話です。

この業者ははじめから転売が目的であって、相談者の事情などお構いなしだったわけです。

買い戻し(リースバック)の場合には、その約束を公正証書などにしてきちんとした形で進めないと、このような悪徳業者に騙されることになります。

This entry was posted in 買い戻し(リースバック) and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>