自己破産をしたいわけではありません

住宅ローン問題で私のところへ相談にいらっしゃる方は、「自己破産だけはしたくない」「自己破産してもやむを得ない」「自己破産するとどうなるのか?」など、住宅ローン破綻をしたらまるで「自己破産をしなければならない」あるいは「住宅ローン破綻と自己破産がセットだ」とお考えの場合が多いようです。

 
はっきり申し上げます。

住宅ローン破綻や任意売却と、自己破産とは全く別物です。

自己破産は自分で選択するものです。

したがって、住宅ローン破綻、あるいは任意売却をしたら、その次に自己破産の申請をするということではありません。

また、法律事務所の弁護士に相談したからといって、言われるがままに自己破産をする必要もないのです。

 
それでは、どのような場合に自己破産をしたほうが良いのでしょうか?

それには自己破産のメリット・デメリットが解らなければ判断できません。

最大のメリットは借金をゼロに出来る事ですが、実は自己破産ぜずともゼロにすることが出来るのです。

自己破産のデメリットは、確かに借金はゼロに出来ますが、同時に資産も失うことになり、国家資格も失います。

 
私の個人的な見解では、自己破産したほうが良いと思われる人はいわゆる「多重債務」を負っている人です。

それ以外の住宅ローンの残債務と多少のカードローンや消費者金融くらいなら、自己破産せずとも解決することは難しくありません。

ご自分の場合はどうなのか、良く調べたうえで慎重に行うことをお勧めします。

一度自己破産してしまうと、取り消すことは出来ませんから…。

This entry was posted in 自己破産 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>