任意売却後の残債務はどうなる?

Q.任意売却をした後の残債務はどうなりますか?

A.任意売却をした後の残債務は、いわゆる無担保債権となります。

破綻後の残債務は、金融業界において「不良債権」と呼ばれます。

無担保で残った不良債権は、ローン会社または保証会社からサービサー(債権回収会社)へ譲渡されるのが一般的です。

以後は、あなたの返済義務がサービサー(債権回収会社)へ移ることになります。

しかし、サービサー(債権回収会社)は通常、無担保債権を残債務の1~2%程度の金額で買い取るため、債務者は残債務の2%〜10%程度の一時金を支払うことで、残債務の処理ができる可能性もあります。

その一時金がない場合は、5千円~3万円位の少額での分割返済が可能となります。

This entry was posted in よくある質問, 任意売却のその後 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>