住宅ローン破綻と離婚と連帯保証人

住宅ローン破綻して離婚をする場合には、その債務状況をよく調べたうえで、後に禍根を残さないようにしなければなりません。

離婚して何年か経った頃に、支払いの督促状に驚いて任意売却の相談にいらっしゃる方も多いのです。

 
共有名義で住宅ローンを組んでいると、ほとんどの場合は連帯保証人にされています。

「されている」と申し上げたのは、銀行は共有名義の場合において、お互いに連帯保証をしなければ融資をしないからです。

サインをした記憶がなくても、ほぼ間違いなく連帯保証人にされているのです。

連帯保証人は、借りた本人と同等の責任を負うことになります。

責任を負う範囲も、主たる債務者と何ら変わりません。

 
住宅ローンが残った状態で離婚をするとき、共有名義の場合には十分に注意する必要があります。

離婚前に任意売却によって処理することも一つの選択肢です。

This entry was posted in 保証人 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>