何のための住宅ローン?

SBIモーゲージは、ローン返済が困難になった場合、担保となった住宅を第三者に賃貸することでマイホームを手放すことなく返済を継続できる家賃返済特約付き「フラット35」の取り扱いを始めた。同特約付きのフラット35は初めて。移住・住みかえ支援機構と提携し、長期優良住宅など住宅金融支援機構が定める基準に適合した住宅を対象に、借り上げて賃料をローン返済に充てる。住宅金融支援機構は返済困窮者対応としてローン返済を最長50年まで延長。毎月の返済額を圧縮することで、賃料収入によってローン返済できるようにする。利用はローンの借り入れ時に家賃返済特約について覚書を締結しておく必要がある。
(週刊住宅新聞社)

 
このニュースで気になるのは、住宅ローン返済ができなくなったら直ちに任意売却などで処分をして、それでお終いにすれば良いものを、わざわざローン期間を50年に延長して逆ザヤ返済を死ぬまで一生続けさせようとしているかに見えることです。
(実際にそうだと思います。商売ですから…)

「マイホームを手放すことなく」とありますが、他人に貸した時点で既にマイホームではなく、投資用不動産でしかありません。

しかも、毎月持ち出しをしなければならない、逆ザヤの赤字不動産です。

さらに、ローン期間を50年に延長するということは、40才でフラット35を組んだとして、途中で支払えなくなって賃貸にしたら、90才まで逆ザヤ分を毎月支払いながら、自分はその家に住むことができないのです。

任意売却で処理をすれば、数十年は早く楽になれるのに…。

 
かつての住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)は、「ゆとり返済ローン」という恐怖のローンを開発しました。

どのようなローンかを簡単に説明すると、初めの5年もしくは10年は低い支払いに抑えて、6年目もしくは11年目からは支払いが2倍近くになる」という、今の時代では考えられないローンです。

当時の経済は右肩上がりでしたから、今のような状況は考えられなかったのでしょうが…。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の返済に行き詰まって、私のところへ任意売却などの相談にいらっしゃる方のほとんどが、この「ゆとり返済ローン」の利用者です。

 
何のための住宅ローンなのか、よく考えてみる必要があるでしょう。

This entry was posted in 住宅金融支援機構 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>