間違えてはいけない、自己破産のタイミング

債務超過住宅ローンだけなら自己破産

する必要はありません。

債権者の任意売却に協力して

残った残債務は小額返済すればいいのです。

ところが、住宅ローンのほかに

カードローンや消費者金融など

多重債務の場合などは、自己破産をして

しまったほうが気持ち的にも整理がついて

良い場合もあります。

自己破産は国で認めているリセットの方法です。

自己破産をしたからといって社会的な制裁も

ほとんどありませんし、普通に生活できます。

不動産を所有していなくて多重債務だけなら

自己破産したい時に何時のタイミングでしても

いいのですが、

債務超過の住宅ローン+多重債務の場合は

自己破産のタイミングを間違えると

損をする結果になる場合があります。

例えば、裁判所は自己破産申し立て時に

不動産があると破産管財人を選出して、

あなたの意思とは関係なく

破産管財人の手により処分するのです。

また、その手続きには別途に費用が必要になります。

つまり、自己破産の申し立てをしてからですと、

あなたの意思とは関係なく進行していきます。

また、引越費用などの手当てもしにくくなります。

そして、一番は債権者に対する心証がよくありません。

債権者側からしてみれば債権者との話し合いを拒絶して

いきなり

弁護士事務所から破産の受任通知が届くのです。

「なんだよーーーー」

となる訳です。

任意売却の提案をしようにも

この時点で債権者はあなたとの直接交渉はできなくなるのです。

相手にとってみれば話し合いの余地もありませんから、

後は事務的に進めるしかないのです。

自己破産は最悪の開き直りです。

任意売却をしてからでも遅くはありません。

任意売却に協力して、引越費用などなるべく

現金を手元に残してから自己破産を考えても

決して遅くはありません。

あくまで債務超過住宅ローン+多重債務の方だけですよ。

債務超過住宅ローンだけなら自己破産しなくても

残債務は小額返済を認めていただけますし、

債権者によっては話し合いで減免してくれたりします。

自己破産を選択することに異議を唱えるつもりはありません。

ただ、タイミングを間違えないように!!!

This entry was posted in 自己破産 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>