連帯保証人をはずしたい

Kさんのご相談
残債務は2000万強です
お父さんが連帯保証人です
ご主人とは5年前に離婚されてお子様と二人暮らし
払えなくは無いが
再婚するので今のマンションは要らなくなる
任意売却して父の実家は手放さなくていいようにしたい

 
80代のお父様と連れだって
ご相談にお見えになりました。
始めはお父様に全然理解していただけなくて、
3回目に任意売却の書類を提出していただきました。
比較的年齢が高い方は、
 
任意売却の仕組みが
中々理解できない方が多いようです。
まあっ、残債務が残るのに
銀行が承諾するわけがないと
思っている方がほとんどです。
 
身内の方が連帯保証人になっていることは
よくあるケースです。
連帯保証人をはずしたいとか。
連帯保証人を変えたいとかのご相談をいただきますが
一度、完済しない限りほとんど不可能です。
 
任意売却すれば
連帯保証人にも残債務の請求はいきますので
Kさんのように連帯保証人も一緒に
相談されることをお勧めいたします。
関係者全員でのご相談を!!
 
—————————————–
※プライバシー保護のため内容は一部変更しています。

This entry was posted in 相談事例 and tagged . Bookmark the permalink.

One Response to 連帯保証人をはずしたい

  1. ぽっぽ says:

    Unknown
    日本の保証人制度って怖いですよね。安易に保証人にならないように。自分も気をつけたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>