任意売却の売り値段はどうやって決めるのでしょうか?

任意売却の売り値段はどうやって決めるのでしょうか?
 
任意売却とは残っている住宅ローンの額を
下回った売買のことを言います。
したがいまして売値は債権者が決めます。
 
つまり、
債権者にとっての売値とは解り易くいうと
「自分がいくら損してもいいよ」
という損切り金額と言うことになります。
 
債権者によって売り値段の決め方は違います。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の場合は、
任意売却を請け負う業者に査定書を提出させた後
売り出し価格のお知らせを郵送してきます。
以下参考例です。
 

この通知を受けて初めて売り出すことが出来ます。
 
このやり方とは別に、
実は売主(債務者)の決めた値段で
売り出すことは可能なんです。
 
しかし、
勝手に決めた値段で売り出したとしても、
いざ購入者がその値段で買いたいと申し出たとしても、
債権者である住宅金融支援機構の承認が得られていなければ、
その価格で取引できない可能性があります。
 
したがって任意売却推進センターでは
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)
の承認を得てから売り出すようにしています。
 
このほか民間の金融機関は、
それぞれ独自の価格の決め方をしています。
ある金融機関などは、はじめから競売にかけます。
 
つまり、
われわれの査定や自分の査定より
裁判所の査定を採用すると言うことです。
これには合理性があります。
 
まず、
査定をする要員を雇わなくてすみます。
競売費用はかかりますが。
次に任意売却したときの価格が安すぎたのではと
後から利害関係者から突っ込まれなくてすみます。
公の裁判所が決めた価格ですから、絶対です。
 
また、
ある金融機関の場合は、
とにかく購入者を探して
「買い付け証明書」
と配分案を提出してもらい
それをもとに社内稟議をかけた上で
可否を出すなどさまざまです。
統一されていませんから、
それぞれに対応する必要があるのです。
 
この売り出し価格は大変重要なものです。
査定が低すぎると返済にまわす分が少なくなり、
逆に高すぎると中々売れなくて、
何時までも問題は解決しないことになります。
 
このようなことから、
弊社のような経験豊富な任意売却専門業者に
依頼されることをお勧めします。
まずは、無料相談を!!

This entry was posted in よくある質問 and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to 任意売却の売り値段はどうやって決めるのでしょうか?

  1. M36 says:

    Unknown
    うーん。売り出し価格を決めるって難しいんですね。専門家に任せるのが一番。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>