住宅ローン破綻して「期限の利益の喪失」をすると

住宅ローン破綻して
「期限の利益の喪失」
をするとどうなりますか。
 
川の流れを変える事は出来ても
 
川の流れを止める事は出来ない
 
住宅ローン破綻して「期限の利益の喪失」をすると
この流れを止めることはできません。
 
つまり、
今までどおりの分割返済は出来なくなります。
 
しかし、
この流れを良い方向に変えることは可能です。
 
住宅ローン破綻してほおっておくと
あなたにとって良くない流になります。
そのまま何の行動もとらなければやがて競売にされます。
そして、最後は追い出されるのです。
 
このような状況に陥った時、
どうか放置しないでください。
流れを良い方向に変えましょう。
 
身内に買い取ってもらう、
任意売却にして引越し費用をもらうなど
あなたに有利な処理方法は残っています。
あきらめないで相談をしてください。
 
大切なことは任意売却することではありません。
 
任意売却した後の残債務の解決なのです。
 
弊社では、任意売却した後のアフターフォローまで
 
アドバイスしています。

川の水が干上がるまで人生は続くのですから・・・・・・

This entry was posted in よくある質問 and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to 住宅ローン破綻して「期限の利益の喪失」をすると

  1. YOKO93 says:

    Unknown
    流れを変えることができるっていい言葉ですね。心強いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>